部屋が多い

マイホームの購入は一生に一度の買い物といわれています。
大きく一戸建てとマンションに分けられますが、お住まいの地域や居住スタイルによって選択することになります。
主にマンションは都会の中に住みたい方にお勧めで、公共交通機関に近かったり、歩いてショッピングに行けるなどのメリットがあります。
一戸建ての場合は、土地の関係で郊外になることが多いですが、自分好みの間取りや外観の家を建てることができます。
もちろん庭もありますので、ガーデニングの趣味に興じるなど、生活の自由度は高くなります。
一戸建ての話を掘り下げてみます。
これも注文住宅と分譲住宅の二つに大きく分けることができ、当然のことながら家の大きさや部屋数、間取り、設備等、自由設計に基づいて建築する注文住宅のほうが自由度は圧倒的に高くなります。
ではどういった方が分譲住宅を選択するのでしょうか。

注文と分譲

分譲住宅とは、ハウスメーカーがある程度まとまった土地を購入し、そこに複数の家を建てて、個別に販売する手法です。
それなりの規模の土地となると、郊外になることが多く、土地の価格を抑えることができます。
また、家を建てるにあたって、設計等も全てハウスメーカーが行いますので、ある程度共通の部材等を用いることで無駄を極力少なくし、また部材の仕入れ値等も抑えることができるため、結果として家の販売価格を抑えることができるのです。
その販売価格も土地と家屋の費用はもちろんのこと、各種税金や登記費用等まで事前に把握することができるため、わかりやすい一括金額を提示できます。
外構工事まで終わっていることも多く、買主の意見を反映できる部分はかなり限られてきますが、同じ大きさの注文住宅よりも安価にマイホームを取得できるのは大きなメリットです。

購入費用

分譲住宅のほうが価格的なメリットがあると説明しましたが、みんなが分譲住宅を選択するかというと、そうでもありません。
まず、居住希望地域に自分の理想に近い分譲住宅が見つかる可能性はそんなに高くありません。
家の広さはともかく、間取りやデザインはある程度妥協せざるを得ないでしょう。
安価と言っても一戸建てです。
一生に一度の買い物ですから、できれば少しぐらい高くても、と思う方も多いのが事実です。
最近は震度7クラスの地震に遭っても倒壊することがない耐震性能、売電収入を得るために屋根に設置する太陽光発電パネルなど、住宅に求められるものは多様化してきています。
最初の購入価格は高くなりますが、いずれも以後のランニング費用を減らすことができます。
一度購入するとほとんどの方が一生住むことになるでしょうから、長い目で家に係る費用を検討し、納得のできるマイホームを手に入れましょう。

オススメリンク

川が近い

自由な設計

注文住宅を建てるにあたって、まずは家族内でどんな家にするか考えをまとめておきましょう。
「太陽光発電を利用してエコに配慮した家にしたい」「とにかく広く開放的なリビングにしたい」「子どもが…Read more

ベッドルーム

理想の家を

これからマイホームを購入する予定がある方、一戸建てとマンションのどちらを購入予定でしょうか。
お住まいの地域や居住スタイルによっても変わってきますが、マンションの場合は間取り・住所はすで…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
BACK TO TOP